スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きいろいゾウ

映画のDVDを借りてきて観たので感想を書きます。

最初の5分で、「とんでもない電波映画DVDを借りてきてしまった」という後悔が私を襲いました。
介護施設で働きながら小説を書くムコさんと、動植物と話ができるツマさんとの夫婦生活を描いてあるのですが、二人ともどこに地雷が埋まっているのか常人には全くわからない人間であるため、最後まで展開が予測不能でただただ戦慄し続けなければならない映画でした。

ツマは動植物と話をして、畑で野菜を採って、近所の子どもと遊び、そしてよくわからない理由で突然怒り出します。こわいです。怒りの度合いが高いとガラスのコップで他人の手を叩いて流血させることもします。こわいです。さらに厄介なのが、自身の感情に寄り添って生きている娘なので、論理的な説得は不可能という点です。こわいです。
ムコの方は毎晩小説と共に日記を書いているだけで結構普通なのかな・・・と思いきや背中にでっかい鳥の刺青があったり、不倫の過去があったり、ツマと出会ったその日に結婚を申し込んだり、幼いころに亡くした親戚のことをいまだにトラウマとして抱えていたり、もうなんか「おまえだけは信じていたのにおまえも電波かよ・・・」みたいな要らぬギャップを見せてくれます。

さて、出会ってすぐに結婚した二人なので、お互いのことをそんなに知りません。
「おれはツマのことをあまり知らないなぁ」という漠然とした不安をムコが日記に書くことから物語が回りだします。
周囲の人間からの影響や、夫婦二人の日々の紆余曲折を経ながら、夫婦がお互いの過去や気持ちを少しだけ知り、多くの言葉や確認を交わさないもののツマとムコの間に信頼感のようなものができて成長していくまでを描いています。

最終的にはハッピーエンドで終わり、ツマは動植物の声が聞こえなくなります。動植物と話すということは、ツマが自己防衛本能で味方を作り出して安心するための手段だったのかもしれません。知らないけど。

まぁなんかとにかく色彩や美術セットがきれいで、少しハチクロと雰囲気が似ているなーと感じました。
常に「オチは!?オチは!?ねえ今の話のオチは!?」と私に思わせるところも似ていると思いました。

もう観ないかな。
スポンサーサイト
Copyright © m
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。