スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VHDをWin7端末で再生する

VHDファイルをWin7上で再生させる必要があり、いろいろと四苦八苦したのでメモ。

【方法1】VMDKファイルに変換し、VMPlayerで再生⇒失敗
VMDKファイルへの変換はできたものの、その後、vmxファイル作成ができず、断念しました。
まずvmx作成ツールを探しましたが、検索するとヒットするもののページが消えているものが多く、現在ほとんど無い状態で、結局よさそうなものは見つかりませんでした。
次に、既存のWinサーバ用のvmxファイルを自力で書き換えてみたものの、知識不足のせいか何度実施してもブルースクリーンに陥ってしまい、こちらもあきらめました。
vmxファイルを自分でサクサク書けちゃうような方であればなんとかできるのかもしれません。

【方法2】VHDをVirtualPC上で立ち上げる⇒条件つきOK
VHDディスク容量を127Gにせねばならないようです。サーバの総ディスク容量が127G以上だとNGです。さらに、メモリが3713MB以下である必要があります。
ただし、ディスク容量をディスク管理ツールでデフラグ後、ボリュームの縮小実施⇒リサイザーで縮小した結果127G以下にできるならOKです。今回は後者の処理でいけたので、その際の作業をメモ。

1.MSからVirtualPC(KBなんちゃら~のWindowsUpdateファイルのようなファイル)をDL
2.ディスク総容量が127G以下⇒ここで終了
3.diskmgmt.mscでVHDファイルをマウントさせ、ボリューム縮小を試したのですが、動かそうとしていたVHDサーバのドライブが複数に分かれていてあまりディスク容量を削減できず、127Gにできませんでした。
4.面倒だったのでDドライブにあたる部分をxcopyコマンドで権限情報含めてバックアップしてDドライブ削除後、Cドライブの後ろにあった領域に新たにDドライブ

【方法3】

【方法4】
下記4行を追記します。CPUが複数ある場合はv0,v1…といった調子で数値を上げて、個数分追記すればOKのようです。
hypervisor.cpuid.v0 = "FALSE"
mce.enable = "TRUE"
featMask.vm.hv.capable = "Min:1"
vhv.enable = "TRUE"



スポンサーサイト

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://tmgbl.blog.fc2.com/tb.php/10-dd09aa32
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
Copyright © m
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。